電撃! 激坂調査隊が行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 折々の雑感76 赤城神社夏祭り 火縄銃の演武を見る

<<   作成日時 : 2014/08/04 23:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月に入り毎日暑い日が続いています。3日(日)は、涼を求めて赤城山に行ってきました。久しぶりに自転車で、と言いたいところですが、諸事情により車です。

 それぞれのペースで赤城道路を登る数多くのクライマーらを横目に車を走らせ大沼まで行きました。湖畔の木陰でお弁当を食べて帰ってきました。下界は猛暑日続きですが、この日の大沼湖畔の気温は23度。やっぱり赤城山の上は涼しくていいですね。見上げれば濃い緑に覆われた外輪山の峰々、目の前に広がる涼やかな大沼の水面、湖面を渡る風もさわやかで心地よい。湖畔にテントを張って数日過ごせたらいいな、なんて思いました。

 昼食後にたまたま立ち寄った赤城神社では、夏祭りが開催されていました。
 夏祭りとは知らずに、最初は大沼の鯉にエサ(売店で200円出して買った)をやったりして遊んでいたのですが、神社本殿のほうに歩いてゆくと、甲冑姿でのぼり旗を掲げた人たちが本殿前にずらりと居並んでいました。
画像

 何事かと近づいてみると、どうやら赤城神社の神事が執り行われているようです。御祈りの後、戦国武者の出で立ちをした鉄砲隊の人たちが、火縄銃の演武を行うとのこと。儀式後に武者行列があり、その後、大沼に向けて火縄銃を撃つようです。
画像
 儀式の後、大沼に架かる赤い橋を武者行列が渡ります。雰囲気いいですね。横に写ってしまった足こぎボートは、まあ、勘弁して下さい。
画像
 湖畔に鉄砲隊が整列します。各人が火薬を込めて火縄銃を構えると一瞬の静けさ。やや緊迫した空気が漂います。

画像
 「構え! 火ぶたを切れ! 撃て!」という掛け声に応じ、鉄砲隊の面々が次々と銃を発砲していきます。大沼を取り囲む峰々に発砲の轟音が反響し、こだまします。発砲時には銃口から吹き出る炎が見え、火薬独特のきな臭さと共に青白い煙が辺り一面に立ち込めます。
 発砲音はものすごく大きく、緊迫感に包まれたその雰囲気と相あまって、なかなかの迫力でした。
 
 帰宅してからネットで調べると鉄砲隊の人たちは「川越藩火縄鉄砲隊保存会」という会の皆さんだったようです。
 こうした火縄銃の演武を見たのは、今回が初めてでした。まったくの偶然でしたが、このような演武を見られて良かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
折々の雑感76 赤城神社夏祭り 火縄銃の演武を見る 電撃! 激坂調査隊が行く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる