電撃! 激坂調査隊が行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 折々の雑感75 ロードバイクのボトムブラケットを交換する

<<   作成日時 : 2014/01/26 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロードバイクのBB(ボトムブラケット)を交換しました。半年ほど前からBBのあたりに異音が発生していました。その状況を詳しく記しますと、以下のような感じでした。

 走り出して10分くらいすると、BBの辺りから「カンカン」というような甲高い音がするようになる。
 その音は、ぺダリングのリズムに呼応して鳴る。とくに力を入れてペダルを踏み込んだ瞬間に鳴る。(軽くクルクル回している時には鳴らない)
 1時間くらい走り続けると、音鳴りは治まってしまう。

 サドルから腰を浮かしてぺダリングしても状況は変わらないので、シートポストやサドルが原因ではなさそうです。ペダルを締め付けてみたり、別のペダルに交換しても同じ音がします。したがってペダルにも問題はなさそうです。
 ということで原因はBBにあるようです。しばらく走り続けると直ってしまうので、そのままにしておいたのですが、最近になって鳴り続ける時間が長くなってきました。一度、気になり出すと、そのことばかりに心が向いてしまい、自転車に乗ることを楽しめなくなります。
 BBに緩みが生じているせいかと思い、締め付け直そうかとも考えましたが、同じBBで1万キロ以上走っていることだし、どのみち締め付けにはクランクを外さなければならないので、いっそのこと新品に交換することにしました。

 私のロードバイクは97年に買った古いものなので、BBの形状はスクエアテーパー(四角軸)タイプです。BBの回転軸の先端が四角形のくさび型になっており、この軸にギアクランクをフィキシングボルトで締め付けて圧入し固定します。
 
 まずは購入するBBをネット通販店で物色します。スクエアテーパーのBBはあまり選択肢がありません。サイズはシェル幅68mm、軸長110mmですね。シマノのBB−UN55やBB−UN26が合います。価格も千円弱と安くていいのですが、左ワンが樹脂製でいかにも安っぽい。せっかく交換することだし、もう少しいいものにしましょうか。
 ボディがカーボンで軽量のもの(1万2千円もする)などいろいろ見てみましたが、そこまでは必要ないなあ。
 最終的にはスギノのCBB−110ALとタンゲのLN7922の二択となります。両方ともボディがアルミで軸はクロモリのようです。価格はスギノが約5千円、ダンゲは3千6百円ほどです。重量は、スギノは235gで、タンゲが222gと、タンゲのほうが少し軽いのですが、それほど大差ないような気がします。回転や耐久性はどうなのでしょうね? ネットで調べてみましたが、この二つのBBの性能を比べているサイトは見つからず、よく分かりません。私のような乗り方では、まあ、どちらでもいいような。
 1時間くらい悩んだ挙げく、結局、見た目とブランドイメージでスギノにしました。見た目といっても、BBは取り付けると、ワンの外周以外は隠れて見えなくなってしまうのですが。

画像
 注文後ほどなくしてBBが届きました。写真の上が購入したスギノCBB−110AL、下がいままで付いていたシマノBB−LP26です。スギノのBBはピカピカでカッコいいです。左ワンもアルミです。手で回してみますと、にゅるっとした感じで回ります。新しいグリスの感覚が指に伝わってきます。
 どんな部品でもやはり新しいものはいいですねえ。心が浮き立ちます。

 さっそく取り付けてみます。使用する工具は、クランクを外すためのコッタレスクランク専用工具(TL−FC11)とBBの取り外しに使うBB取り付け工具(TL−UN74−S)です。これらを回すのにモンキーレンチも必要です。
 BB取り付け工具を回すのには32mまで開くモンキーがいるのですが、私は持ってないので、32mのソケットを買いました。これ、けっこうデカイです。あと、フィキシングボルトを締めるのに8mの六角レンチも必要でした。この六角もぶっといですね。自転車以外ではあまり使わないのではないかしら。
 以前にもレストアやら古いMTBの再生などをやったことがあるので、工具は一通り揃ってます。

画像
 クランクを外して古いBBを抜き取り、新しいBBに取り替え、またクランクを組み付けるだけなので、それほど時間もかかりません。正味20分くらいで完了しました。ブレーキやディレーラーのように細かな調整が要りませんので。とくにフロントギアをシングルにしている(普通のロード用ダブルギアクランクのアウター側に36Tのギア板をシングル用ボルトで固定している)ので、Fディレーラーがない分、なおのこと楽チンです。

 いままで付いていたBBはシマノのBB−LP26というモデルでした。軸を回すと、軽くですが、ゴリっとやや引っ掛かる感じが残ります。重量を量ると356gもありました。手に取るとずっしりと重いですね。これで約120gの軽量化に成功です。

 手でクランクを回してみます。回転が少しスムーズになった気もしますが、明確な違いまでは分かりません。音鳴りがなくなったかどうかは実走してみないと何とも言えません。楽しみ。早く試してみたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
折々の雑感75 ロードバイクのボトムブラケットを交換する 電撃! 激坂調査隊が行く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる